輸入住宅を検討しているなら人気の建築様式を知っておこう!

輸入住宅に暮らそう
広い部屋

輸入住宅で人気の建築様式は

一口に輸入住宅と言っても、その建築には様々な様式が輸入住宅には存在します。特に人気となっている様式に絞り、いくつかをご紹介します。・ジョージアン様式:18世紀から19世紀にかけてアメリカ南部で一般的だったも…

Read

ダイニング

輸入住宅の特徴

輸入住宅とは、海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅を指します。日本の場合、部材の輸入先は北米や北欧が多いです。・輸入住宅の特徴:個性的なデザインが多いー存在感のある…

Read

輸入住宅に関するメリット・デメリット

一軒家

何をもって輸入住宅と呼ぶのか?輸入住宅産業協会では次のように言っています。厳密な定義はしていないが、一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」です。ということは、単に資材を輸入して取り付けたからと言って、胸を張って輸入住宅でございますとは言えないということだ。
ちゃんとした「海外の設計思想」がないとダメらしい。それでは海外の設計思想って何か。なんか抽象論のようで、結局しっかりと線引きはできないわけで、つまり海外にある住宅の意向を汲んだデザインであったり空間が備わっていれば、それが「輸入住宅」だと言ってよいのだろう。だから、実際海外で使用されている建材メーカーが販売している材料を使って家を建てれば、デザインが海外の住宅そのものに極めて近くなるので、立派な輸入住宅になる。
輸入住宅のメリットは?①かなり目立つ②知り合いに自慢できる③子供の同級生に「お城」「豪邸」と呼ばれる④金持ちと羨まれる。静かな住宅街に、パステルカラーの建物がポツンと一棟。これは目立ちます。白い外装材を多用しているので、子供たちの目から見ると「お城」に見えるようだ。建築当初は、知り合いがこぞって遊びに来てくれた。全然金持ちじゃないのにお金持ちと呼ばれた。これは、実際輸入住宅を建てて住んでいる方から聞いた話とのことです。
ではデメリットは?狭い日本の住宅には合いにくい。輸入品を多用するので、輸入のための流通コストに加え、為替の影響で価格差が頻繁に起こる。円安の時は、思った以上に高額になってしまうこともあります。建材を在庫している商社なら良いが、一つ一つを現地調達していたら、下手をすると完成までに1年くらいかかることもあります。輸入建材を国内にストックしている商社と取引しているビルダーかどうか、必ずチェックしてから建築を依頼した方が間違いない。

輸入住宅は大きな夢になる!

マイホームを購入する事は大きな夢でもありますが、人生を賭けた大きな買い物にもつながってきます。そして見た目にも美しく豪華な作りで建設されている輸入住宅に誰もが憧れを抱いてしまうのものです。
そんな輸入住宅をにするメリットについて掲載していきます。まず可愛らしいデザインの美しさです。日本古来のデザインと全く異なり、ヨーロッパやアメリカンテイストにデザインされた外観は漫画やドラマの世界に登場してくる美しくカッコイイデザインとなっています。女性であれば誰もが憧れるスタイルと言ってもいい程の素晴らしさなのです。
次に耐震性の強さです。住宅購入にあたって最も心配となる面は耐震性です。昨今は全国において強い地震が多発しているので、購入者は耐震性を一番に考慮する傾向があります。日本の建築技術も素晴らしい物となっていますが、約50年程の耐震性しかなく次の世代が住み続ける為にはリフォームが必要不可欠となってきます。
しかし輸入住宅は一世代だけでなく何世代にも渡り家を継げるようにする為、強度をアップさせた作りになっているので耐震性にも優れた建物となっています。輸入住宅には素晴らしいメリットがたくさんあるのです。これから住宅購入を検討されている方には輸入住宅がお勧めです。

輸入住宅の魅力

私は映画を見るのが好きで、輸入住宅のデザインに魅了されてきました。日本の住宅よりも広く感じる間取りもとても好きで、いつかこういう家に住みたいと夢に描いていました。
現在アーリーアメリカンスタイルのクイーンアン様式を取り入れた輸入住宅に住んでいます。欧米で購入する場合は、都市部なのか郊外なのか田舎なのかにもよりますが、建物自体の値段は日本の住宅よりも安いのかもしれません。日本で輸入住宅を建てるには輸送費も税関もかかるので高くなるのは仕方ありませんが。
輸入住宅の魅力は、デザインだけでなく耐久性にもあると思います。現代の日本の住宅の寿命は30から40年と言われていますし、築年数が経っていれば自動的にどんどん価値が下がる仕組みです。それに比べて、欧米は住宅はライフスタイルに合わせて住み替える、というスタンスなので、中古住宅として売りに出る家が半数以上あります。新築、中古に関わらず、購入した後で改装や改築をした場合は、売却する際に購入した時の金額よりも高く売れるのです。
耐久性は欧米諸国のそれぞれの国にもよりますが、80年から100年以上が普通です。その中でイギリスが一番長いそうですし、カナダでも築年数が不明なくらい古い家でも手が出ないくらいの金額のものが多いと聞いたことがあります。日本は一度購入した家はずっと住むのが一般的なので、せっかくならば耐久性の高いブルースホームの輸入住宅はとても魅力的だと思います。

輸入住宅のメリット&デメリット

輸入住宅のデザインや、内装といった目に見える「良さ」は伝わるのですが、実際の住み心地や輸入住宅のメリットというのは、購入後でないと本当の意味では分かりませんよね?輸入住宅を欲しいけど、耐久性やメンテナンスが不安。なぜ輸入住宅が人気なのか分からない。と人気のある輸入住宅ですが、その分不安要素がたくさん存在するのも事実です。この記事では輸入住宅の人気の秘密や、不安要素の解決についてお伝えしていきたいと思います。
【輸入住宅のメンテナンス】輸入住宅は何世代も住める居住空間として、古くから北欧や北米で使用されてきている居住空間です。その為、耐震性や耐水性といった性能は高くなっております。ちょっとやそっとでは壊れない!というのも魅力の一つとなっている輸入住宅ですが、日々のメンテナンスはしっかりと行う必要があります。湿気に弱いという弱点もあります。日本は湿気が多い国として有名ですので、カビや腐食には気を付けなければなりません。天気のいい日は、窓を開けて換気を行う事を心掛けて下さい!
輸入住宅は湿気に弱いという以外は、比較的住みやすくなっておりますので、デメリットさえしっかりと把握しておくことで、毎日の生活の不安も解消されます!
お洒落なインテリア

インテリア好きが高じて輸入住宅に!

インテリア好きが高じて、住宅デザインにも興味を持つようになりました。やはり外観が素敵な輸入住宅には心惹かれます。それで少し調べてみました。外観が外国風の住宅のことを輸入住宅というのかと思いきや、「海外の設計…

Read

リビング

見かけだけじゃない輸入住宅

輸入住宅とはどのようなものなのでしょうか、輸入住宅産業協議会のによると『海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅』ということになります。少し前までは、お店やリゾートでのログハウ…

Read